AINO GROUP

エストリアル チーフパティシエ 永井亜紀

エストリアル チーフパティシエ 永井亜紀

AINO GROUP ホーム > Recruit リクルート > エストリアル チーフパティシエ 永井亜紀

周りのモチベーションが高いから
駆け足で成長できる

エストリアル チーフパティシエ 永井亜紀

※永井パティシエのユニークな人柄を知っていただくため、
インタビュー形式でお送りします。

Q:仕事は大変ですか?

はっきり言います。めちゃくちゃ大変ですよ。何種類デザート作ってるか知ってますか?ウエディングケーキ、披露宴でのデザートブッフェ、レストランやカフェでの通常のデザートにパーティ用のケーキ、そしてさらにデザートブッフェパーティやクリスマスケーキですよ!

しかも美味しいのは当たり前。それぞれ独創的なテーマを決め、見た目もかわいくする必要があるんです。

Q:それは大変ですね。ウエディングケーキづくりについて教えていただけますか?
料理はメニューが決まっていますが、ウエディングケーキに関しては完全なオリジナルです。直接お打ち合わせして、おふたりのイメージをお聞きしてお作りしています。だからコミュニケーション能力も必要です。おふたりに直接感謝していただける機会も多く、それが嬉しいです。
Q:25歳という若さでチーフパティシエになりましたが、不安はありませんでしたか?
パティシエチームの中では2番目に若い私ですが、わきあいあいと何でも意見を言い合えるので楽しくやっています。これだけたくさんのデザートを作り、常に新しいものが求められているせいか、みんなすごくモチベーション高いんですよ!常に勉強していますし。だからお互いに刺激し合え、それがまた楽しいんです。まあ、私がそんなチームを作ってきたんですけどね!
Q:パティシエを目指す方に一言お願います。
こんなに多種多様なデザートを作る環境って、ここ以外あまりないんじゃないでしょうか?店長もサービス精神旺盛で新しもの好きなので、どんどんこちらの提案も聞いてくれます。先輩たちの熟練の技術も学べます。やる気があってモチベーションが高い人にとっては、自分が駆け足で成長できる職場だと思いますよ。
写真:藤原美優

  • ウエディングケーキ作りにおいて「できない」とは言いません。それが私のプライド。

  • 勉強のために東京のレストランへよく行きます。美味しいものを食べている時が幸せ。

  • キッチンチームはみんな仲良しです。この日のまかないは、恵方巻きにちなんで手巻き寿司パーティをしました。

ANOTHER MESSAGE

エントリーする
PAGE TOP